新・ネットで大きく副収入を!

現在の目標は月3万円、最終的には副収入で裕福な暮らしを目指します( `ー´)ノ

NINTENDO64のゲームソフトで最も売れたのは次のうちどれか?


こんにちは、むっくです。

こんなクイズを作ってみました(^^♪


問題


NINTENDO64のゲームソフトで最も売れたのは次のうちどれか?

A)実況パワフルプロ野球6
B)スーパーマリオ64
C)マリオカート64
D)スターフォックス64
E)ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ
F)ゴールデンアイ007



答え、感想、豆知識など



NINTENDO64とは?




『NINTENDO64』は1996年6月23日に任天堂から発売された家庭用ゲーム機です。

1990年代中期において「次世代機」の1つとして発売され、日本国内で約550万台、世界累計で約3300万台を売り上げました。



任天堂として初めて本格的に3Dゲームに対応させたハードで、「64ビットCPU」、「パースペクティブ補正」、「Zバッファ」などを採用しており、セガ・サターンやプレイステーションなどの同時期のハードに比べて3Dポリゴンの演算能力と描画品質が高性能となっていました。

現在までに発売されたゲームタイトルは日本国内で全206タイトルと、他の人気機種と比べるとかなり少ないですが、クオリティの高さや4人同時プレイの楽しさから当時の小中学生で人気を博し、現在も高い評価を得ています。

残念ながら生産は既に終了しており、公式修理サポートも終了しています。

ゲームソフトの一部はバーチャルコンソールで購入してプレイすることができますが、ラインナップにないソフトや当時の雰囲気を楽しみたい方は値段が高騰する前に状態の良いものを購入することをオススメします。



私もNINTENDO64は小学生の頃に毎日のように遊びましたね(*´▽`*)

当時はネット対戦なんてものはなかったので、自分の家や友人の家でお互いにコントローラーを持ち寄って対戦したものです(*´ω`*)

64のゲームには基本的に「はずれ」はなかったですし、どのゲームであろうとみんなでワイワイ騒ぎながら遊ぶことができて本当に楽しかったです(^^♪

「みんなで遊べばゲームは何倍、何十倍も面白くなる!」、それを実感させてくれるゲーム機でした(´▽`*)



実況パワフルプロ野球6とは?




『実況パワフルプロ野球6』は1999年3月25日にコナミから発売されたゲームソフトです。

売り上げは約32万本、NINTENDO64のサードパーティーのソフトでは最高の記録となっています。



1998年のシーズン終了時点の成績をもとに選手のデータが作成されており、シナリオモードでは38年ぶりの日本一を決めた横浜ベイスターズ絡みのものが多くなっています。

サクセスモードは「大学野球編」となっており、パワフル大学、熱血大学、官僚大学、仏契大学、あかつき大学、するめ大学の6校で遊ぶことができます。



パワプロ6はかなりやり込みました、特に好きだったのはサクセスのするめ大学ですね(^^♪

投手でプレイして野手能力も高い投手を目指して何度となくプレイしました(*´▽`*)

最終的に5試合全てコールド勝ち、黒獅子重工を僅か2イニングで蹴散らしたときは感無量でした(ノД`)・゜・。

でも、苦労してできた投手はスタミナが低くて微妙な出来だったのが残念でしたね・・・(ーー;)

このゲームは超投高打低で球速が上がれば球威も飛躍的に上がっているような気がしますし、変化球もとんでもないスピードで曲がります(^_^;)

でも打つのはミートカーソルの動きの速さと3Dスティックの使いやすさが相まって意外と難しくはありません、特にレベルの高い変化球を投げてくる奴は強振のカモです(^^♪

ただし、南国大学の工藤だけは何度対戦しても苦手でしたね、球種が多い上に変化球のレベルがあまり高くないので、ミートカーソルが若干ずれて凡打ということが多かったです(>_<)

5回までにコールドにできなかったのはこの大学だけですね(;´・ω・)



スーパーマリオ64とは?




『スーパーマリオ64』は1996年6月23日にNINTENDO64と同時に任天堂から発売されたゲームソフトです。

売り上げは日本国内で約190万本、世界累計で約1190万本となっており、『NINTENDO64のゲームソフトで最も売れた』とされています。



スーパーマリオシリーズとしては初の3Dアクションゲームとなっており、3Dスティックを活かして、3Dで描かれた世界を自由自在に動き回る事が出来るというのは当時のゲーム界においては革命とも言える出来事で、それ以降のゲーム業界の在り方に大きな影響を与えたと言われています。

また、今作からマリオの声をチャールズ・マーティネーさんが担当しており、これ以降のシリーズのマリオ、ルイージ、ワリオは基本的に彼が担当しています。



このゲームは私にとって初めてプレイした、アクションゲームのスーパマリオシリーズでしたね(^^♪

当時小学生だった私はどうしてもこのゲームが欲しかったので、家族にいろんな条件を提示してなんとかNINTENDO64と一緒に買ってもらったことを覚えています(*´▽`*)

その苦労の末に手に入れたこのゲームですが、その苦労も吹っ飛ぶくらい面白くて画期的なゲームでしたね(*´ω`*)

あの時代にあれだけ自由に動き回れるゲームは存在しなかったので、マリオを自由に動かせるという喜び・楽しさで最初の方は時間があっという間に過ぎていきましたね(^^♪

難易度には3Dに慣れていなかったこともあり、かなり苦戦を強いられましたが、半年くらいでスターを120枚集めてヨッシーに特典をもらい、無事にクリアすることができました(´▽`*)


現在もRTAやTASの世界では熾烈な競争があり、私もたまに動画を見させてもらっていますが、やっぱり素晴らしいゲームですね(*´▽`*)

このゲームが発売された当時に、リアルタイムでプレイできたことは本当に幸運でした(*´ω`*)



マリオカート64とは?




『マリオカート64』は1996年12月14日に任天堂から発売されたゲームソフトです。

売り上げは日本国内で約225万本、世界累計で約990万本となっており、日本国内においてはNINTENDO64のゲームソフトで最も売れたとされています。



マリオカートシリーズの2作目で、3Dとなったコースをお馴染みの面子を使用してレース・バトルすることができるようになりました。

本作の特徴として他のシリーズ作品と違い、加速・最高速共に軽量級が最も高く設定されており、軽量級が非常に優遇されています。



このゲームは姉が持っていたのでよく自宅のリビングで対戦しましたね(^^♪

姉はキノピオやピーチなどの軽量級、私は基本的に重量級のクッパを使っていたので、レースは不利で中々勝てませんでしたが、バトルでは圧勝でしたね(*^_^*)

特にスタート直後にダッシュを決めて体当たりでスピンさせ、相手が態勢を整え直す前にアイテムを拾って追撃し、瞬殺するということを繰り返していました、・・・まぁ、リアルファイト確定ですわ(^_^;)

これで何度喧嘩し、最終的に親に怒られたか分かりません、・・・子供は中々学習しないですね(^▽^;)


個人的に一番印象に残っているコースは「ピーチサーキット」ですね(*^-^*)

まさかコースを外れてピーチ城の周りを走れるなんて思いませんでした、こういう遊び心のある作りが大好きでしたね(´▽`*)

続編で廃止されたと聞いたときはショックでしたね、世の中の変化と世知辛さを感じました(>_<)



スターフォックス64とは?




『スターフォックス64』は1997年4月27日に任天堂から発売されたゲームソフトです。

売り上げは日本国内で約65万本、世界累計で約400万本となっており、世界一売れたシューティングゲームソフトとしてギネス・ワールド・レコーズに登録されています。



スターフォックスシリーズの2作目で、一定のルートをほぼ強制的に進んでボスを倒すスクロールステージと、立方体の箱庭ステージで360度自由に移動できるオールレンジモードの2種類でステージが構成されています。

本作の大きな特徴として、キャラクターの会話がプロの声優を使ってフルボイスで収録されています。

当時の任天堂作品では例を見ない試みでしたが、これはプレイ時の問題点の解決策としてスタッフが捻り出した案だそうです。

当時のカートリッジでは音声記録は2分収録するのが限界でしたが、あえて大幅にデータを圧縮して音質を低下させることで「無線通信による会話のため混入するノイズ」という演出にし、逆にリアリティを持たせるというウルトラCで乗り切ったそうです。



このゲームは持っていなかったので友達の家に遠征したり、借りたりしてプレイしました(^^♪

私は基本的に一撃死の多いシューティングゲームは苦手なのですが、このゲームはそんなことはなく純粋に楽しむことができました(*´ω`*)

まぁ、苦手なのは変わらないのでエクストラモードにはかなり苦戦させられましたが・・・(^_^;)


友達の家ではもっぱらバトルモードでの対戦を繰り返していましたね、下手くそな私のような奴がアーウィンを、上手い連中がパイロットを使うハンデ戦で対決していました(*´▽`*)

アーウィンは圧倒的に有利なんですけど、初心者にはあの小さいパイロットは見つけるのも難しいんですよね(>_<)

それくらいプレイヤーに力の差があったので、良い感じの白熱した勝負になって非常に面白かったですね(^^♪

今プレイしたら微妙に上手くなっているのでこんな風には楽しめないでしょうね(^_^;)



ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズとは?





『ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ』はHAL研究所が開発し、1999年1月21日に任天堂から発売されたゲームソフトです。

売り上げは日本国内で約197万本、世界累計で約490万本となっており、NINTENDO64のゲームソフトでは歴代5位の売り上げとなっています。



任天堂が過去に発売した人気ソフトから代表的なキャラクターが集められたお祭り的なソフトです。

本作の大きな特徴として、ゲームの勝敗は相手のライフを奪い合うものではなく、舞台から場外へ落下した(させられた)者が敗れ、最後まで舞台に残っていた者が勝者となるシステムが採用されています。

そのため、このゲームのジャンルは「格闘ゲーム」ではなく、「対戦アクションゲーム」となっています。

この他、基本的なルールは17年の時を経て、続編が何本出されても変わらない、このシリーズの核となっています。



このゲームは発売日が確か平日だったので、母親に頼んで買ってきてもらいましたね(*´▽`*)

私が主に使っていたのは「ピカチュウ」と「カービィ」で、ヒット&アウェイを繰り返す戦術で戦っていました(^^♪

でも、私ははっきり言って上手くなかったので対戦では負けてばかりでしたね、特に1歳年上の上級生が使った「プリン」には手も足も出ませんでした(ノД`)・゜・。

やっぱり超えられない壁がどの世界にもあると感じてしまいましたね・・・。


今は残念ながらこのゲームは私の手元にはありません・・・、友人だった奴に貸したら返ってきませんでした(ーー;)

みなさんもゲームなどの高級品は他人には絶対に貸さないようにしましょうね、絶対に人間関係が拗れますし、私みたいに捻くれた面倒くさい性格に育ってしまいますらね(^_^;)



ゴールデンアイ007とは?





『ゴールデンアイ007』はレア社が開発し、1997年8月23日に任天堂から発売されたゲームソフトです。

売り上げは世界累計で約800万本となっており、NINTENDO64のゲームソフトでは歴代3位の売り上げとなっています。



映画「007 ゴールデンアイ」をゲーム化した作品で、基本的なストーリーは映画とほとんど同じものとなっています。

プレイヤーはイギリス諜報機関「MI-6」の工作員である「007=ジェームズ・ボンド」として数々のミッションをクリアし、衛星兵器「ゴールデンアイ」の秘密を探っていくことになります。

ゲームには1人でプレイする「ミッションモード」、複数でプレイして対戦する「対戦モード」、各ステージでの目標タイムを達成することで、無敵、透明人間、弾数無限など、設定をいろいろと変更できる「お楽しみモード」があります。



このゲームは持っていなかったので、持っている友人の家に集合して4人対戦で基本的に遊んでいましたね(^^♪

持っている人が非常に少なかったので、大勢で家に押し寄せて怒られたこともありましたね(^▽^;)


ゲームに関しては私はレーダーの意味すらよく分かっていない素人だったので、相手と自分の位置がよく分からず基本的にはやられ役でした(>_<)

でも、強い人と組んで2対2で対戦したり、強すぎる奴を相手に3対1で対戦したりできたので十分に楽しめましたね(*´▽`*)

他にも武器をロケットランチャーやセンサー爆弾、鉛筆銃だけにしてみたり、武器は禁止でチョップだけで戦ってみたりと、いろんなことができたので放課後に飽きもせずに帰る時間になるまでずっと熱中していましたね(*´ω`*)


こんな感じで対戦に明け暮れたので「ミッションモード」はプレイしたことがほとんどありません(>_<)

なので1度中古で買ってみて、そちらを中心にぜひプレイしてみたいですね(^^♪

ただ中古での値段も高騰しているので、上手く安い値段で手に入れられる店と時期を見極めたいところです(^_^;)



答え


以上から、このクイズの答えは「B)スーパーマリオ64」です。



感想


今回の問題はどうでしたかね(?_?)

選択肢は多いですが、難易度自体は易しくしたつもりです(*^-^*)

なので、64世代の方たちには簡単すぎたでしょうし、それ以外の人でも意外と正解できたのではないでしょうか?

売り上げ1番といえば「マリオ」、それくらい「マリオ」というブランドは今も昔も強いですからね(^_^;)



こういう問題を作っていたら、久しぶりに64をプレイしたくなりましたね(^^♪

本当に久しぶりに動かすのでちゃんと動くのか不安ですが、動くことを願って昔ハマった「マリオ」、「カスタムロボ」、「パワプロ」などのゲームをやってみようと思います(*^-^*)

残念なのは対戦相手が近くにいないことですね・・・・、寂しいですが1人でできるゲームでそれを忘れようと思います(>_<)



雑談


任天堂が開発した最新ゲーム機「Nintendo Switch」もいよいよ3ヶ月後の2017年3月に発売が迫ってきましたね(*^-^*)

3ヶ月後に発売される割には情報が少ないですが、据え置き・携帯兼用で遊べるゲーム機として開発され、非常に珍しい分離型のコントローラー「Joy-Con」が採用され、ゼルダやマリオ、スプラトゥーンなどのゲームをプレイしている映像も公開されたりと、情報も少しずつ出てきています。

ゲームソフト開発などのパートナー企業にも多くの有名企業がすでに参加しているようなので期待は膨らみますね(*´▽`*)

あとは価格ですね・・・、私に出せるのはどんなに頑張っても4万円まで、個人的には3万円くらいであって欲しいところですね(^_^;)

3万円くらいだったら、私にとってはPS2以来、約15年ぶりとなるゲーム機の購入になると思います(≧◇≦)

次の新しい情報が入ってくるのが待ち遠しいですね(*´ω`*)



もし価格が5万円とかになってしまったら、「Newニンテンドー3DS」に予算を回そうと思います(^_^;)

本当は「ロックマンDASH3」が発売されたときにDSは買おうと思っていたんですが、開発中止になってしまいましたからね(ノД`)・゜・。

今気になっているソフトはロックマンの流れを継ぐ2Dアクションゲーム「蒼き雷霆ガンヴォルト」ですね(^^♪




「ロックマンゼロ」、「ロックマンZX」シリーズを開発したインティ・クリエイツが生み出したゲームで、値段が安く、そして品質も高いと評判ですし、PVも良かったのでぜひプレイしてみたいです(*^-^*)

そして特にタイトル名が良いですよね、心を物凄くくすぐられます(^^♪

不安があるとすればこの会社の作品は終わり方がちょっと暗いものが多いという点だけですかね(^_^;)



「Nintendo Switch」と「Newニンテンドー3DS」、どちらを買うにしても久しぶりの新しいゲーム機なので時代の変化についていけるか多少心配です(^_^;)

できればその心配をふっ飛ばしてくれるくらい面白いものだと期待したいですね(^^♪

                     (参考:Wikipedia)



宣伝


▼ハピタスは当サイトで2016年に最もオススメしているポイントサイトです(^^♪
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスの紹介・稼ぎ方についてはこちら、2015年の実績はこちらにあります。



▼ポイントタウンは2016年現在、最も勢いのあるポイントサイトです(*^-^*)
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの紹介・稼ぎ方についてはこちら、2015年の実績はこちらにあります。



▼げん玉はポイントサイトの王道、絶対に外せないサイトです(>_<)


げん玉の紹介・稼ぎ方についてはこちら、2015年の実績はこちらにあります。



関連記事
ポイントタウン
現在、最も勢いのあるポイントサイトです! ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
詳細はこちら
げん玉
ポイントサイトの王道です!
詳細はこちら
広告
広告
ランキング