新・ネットで大きく副収入を!

現在の目標は月3万円、最終的には副収入で裕福な暮らしを目指します( `ー´)ノ
TOP > ほぼ毎日クイズ > 昨年のフィギュアスケートグランプリファイナル、 女子シングルの優勝者は?

昨年のフィギュアスケートグランプリファイナル、 女子シングルの優勝者は?


こんにちは、むっくです。

本日のほぼ毎日クイズはこんな感じでした。


問題


昨年のフィギュアスケートグランプリファイナル、 女子シングルの優勝者は?

①エレーナ・ラジオノワ
②エリザベータ・トゥクタミシェワ
③ユリア・リプニツカヤ
④本郷 理華



答え、感想、豆知識など



エリザベータ・トゥクタミシェワとは?


『エリザベータ・トゥクタミシェワ』選手はロシアのフィギュアスケート選手です。

『2014年グランプリファイナル優勝』、2015年欧州選手権優勝、2015年世界選手権優勝など輝かしい実績を収め、若干18歳で世界のトップに君臨している選手です。

ソチオリンピックには2013ー14ロシア選手権で10位と惨敗したために出場することができませんでした。

パーソナルベストは以下の通りです。

・トータルスコア⇒214.40
・ショートプログラム⇒77.62
・フリースケーティング⇒141.38



エレーナ・ラジオノワとは?


『エレーナ・ラジオノワ』選手はロシアのフィギュアスケート選手です。

2013年、2014年世界ジュニア選手権優勝、2015年ロシア選手権優勝、2015年GPロステレコム杯優勝など、16歳という若さで世界の頂点を見据えている選手です。

パーソナルベストは以下の通りです。

・トータルスコア⇒211.32
・ショートプログラム⇒71.79
・フリースケーティング⇒139.53



ユリア・リプニツカヤとは?




『ユリア・リプニツカヤ』選手はロシアのフィギュアスケート選手です。

2014年ソチオリンピック団体戦金メダリストで、現行ルールによるフィギュアスケート競技における冬季オリンピック史上最年少(15歳249日)金メダリストであり、欧州選手権史上最年少女王の記録も持つ選手です。

パーソナルベストは以下の通りです。

・トータルスコア⇒209.72
・ショートプログラム⇒74.54
・フリースケーティング⇒141.51



本郷理華とは?


『本郷理華』選手は日本のフィギュアスケート選手です。

2013年全日本ジュニア選手権優勝、2014年GPロステレコム杯優勝、2014年全日本選手権2位、2015年四大陸選手権3位など、今後の日本の女子フィギュアスケート界を背負っていく選手の1人です。

パーソナルベストは以下の通りです。

・トータルスコア⇒195.76
・ショートプログラム⇒65.79
・フリースケーティング⇒129.71



答え


以上から、このクイズの答えは「②エリザベータ・トゥクタミシェワ」です。



感想


今回のクイズは全く分かりませんでした(ーー;)

フィギュアスケートは見ますが、そこまで一々覚えていないので・・・(^_^;)



雑談


素人目に見てもロシアの女子フィギュアスケートの層の厚さは半端ないですね、10代半ばで世界のトップを狙えるような選手がゴロゴロしています(゚Д゚;)

日本も小国なりに頑張っているとは思いますが、やはりそこは大国ロシア、日本と比べれば圧倒的にスケート人口も多いですし、環境も良いんでしょうね(>_<)

そして、ロシアの選手はジュニアの頃から意識が高いというか、自分の代わりはいくらでもいるという危機感を持っている気がします、これも強さの要因の1つですかね(^^;)

次の平昌オリンピックまでまだ時間があるので、さらに若い世代が台頭して今トップに君臨している選手が総入れ替えということも有り得そうな位、代表争いが熾烈を極めそうですね(^▽^;)



日本は今、浅田真央選手の復帰で話題が持ち切りですが、そろそろ次の世代のスターを発掘しないといけませんね(>_<)

浅田選手は素晴らしい選手・人物だとは思いますが、トリプルアクセルに対しての拘りからか、非常にリスキーで不安定なプログラムを組んでいるのでおそらく全盛期を過ぎてしまった現在では中々安定して結果を残すことを求めるのは酷だと思います。

フィギュアの世界は日進月歩で、瞬く間に選手の技術が向上しているので、できれば10代半ばまでに世界と対等に戦える才能を持った選手を小さい頃に見つけて、英才教育を施していける環境作りを協会を中心にバックアップしてあげて欲しいです(>_<)

このままではロシア勢が表彰台を独占する日も近いと思うので、なんとか日本の選手も頑張って1人でも多く表彰台に立てるように頑張って欲しいですね(*^-^*)



あわせて読んでほしいクイズ記事三選

                   
・学生三大駅伝の1つである箱根駅伝の連続出場記録を持っている大学はどこか?

・陸上の十種競技で最後に行われる種目は何?

・2011年に開催された第四回アメリカンフットボール・ワールドカップの開催国は?



ほぼ毎日クイズについて


毎日1回参加でき、 クイズは難易度・ジャンル共に幅広くあります。

クイズの結果はその場で分かり、正解すると抽選で10000名に1ポイントが当たります。



宣伝


▼登録はこちらから
ライフメディアへ登録

ライフメディアの紹介・稼ぎ方についてはこちら、2015年の実績はこちらにあります。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL