新・ネットで大きく副収入を!

現在の目標は月3万円、最終的には副収入で裕福な暮らしを目指します( `ー´)ノ
TOP > アンニンのエブリデイクイズ > KinKi Kidsの楽曲、三島由紀夫の小説、ピカソの作風・・と言えば ?

KinKi Kidsの楽曲、三島由紀夫の小説、ピカソの作風・・と言えば ?


こんにちは、むっくです。

本日のアンニンのエブリデイクイズはこんな感じでした。


問題

  
KinKi Kidsの楽曲、三島由紀夫の小説、ピカソの作風・・と言えば ?

①灰色の時代
②黒の時代
③赤の時代
④青の時代



答え、感想、豆知識など

  

KinKi Kidsの楽曲、三島由紀夫の小説、ピカソの作風に共通するのは?

 
KinKi Kidsの楽曲、三島由紀夫の小説、ピカソの作風に共通するのは『青の時代』です。



KinKi Kidsの『青の時代』
 


KinKi Kidsの楽曲、『青の時代』は1998年7月229日にリリースされた4thシングルに収録されている楽曲です。

オリコンチャートで4週連続1位を獲得し、ミリオンセラーの大ヒットとなりました。

堂本剛さんが主演を務めたTBS系ドラマ「青の時代」の主題歌としても起用され、KinKi KidsのシングルA面曲としては唯一それぞれのソロパートがない曲となっています。



三島由紀夫の『青の時代』
 


三島由紀夫さんの小説、『青の時代』は三島由紀夫さんにとって5作目となる長編小説です。

地方の名家に生れた川崎誠は、父への反感を胸に徹底した合理主義者としてエリートコースを進みますが、ある日大金を詐欺で失った事から、今度は自分で高金利の闇金融会社を設立するという物語です。

戦後世間を賑わした光クラブ社長の自殺に至る波瀾にみちた短い生涯を素材にして、順調に行くかと見えたカラクリが崩壊し、挫折していく孤独な青春の虚無の破滅譚を、作者独自のシニシズムな文体で描かれた長編小説です。




ピカソの『青の時代』
 


ピカソの作風、『青の時代』は1901年~1904年までのパブロ・ピカソさんの作風のことです。

20才頃に親友のカサヘマスが自殺し、衝撃を受けたことがこの作風を生んだと言われています。

当時の鬱屈した心象を、無機顔料のプロシア青の暗青色を基調に使い、娼婦、乞食、盲人など不幸な人々を主に題材にした一連の陰鬱な作品群に表現しています。

この時代の代表的な作品としては「老いたギター弾き」 、「悲劇(海辺の貧しい家族)」、「人生 La Vie」、「盲人の食事」、「酒場の2人の女(酒場の娼婦達)」などがあります。



答え、


以上から、このクイズの答えは「④青の時代」です。



感想


今回の問題は楽勝でしたね(*^-^*)

KinKi Kidsの楽曲と聞いてピンときました(^^♪



雑談


KinKi Kidsの『青の時代』は基本的にドラマを見ることがなく、音楽を聴くこともなかった私が知っているんですから、当時は大変なヒットだったんだと思います(>_<)

そのKinKi Kidsも先日リリースされた「夢を見れば傷つくこともある」で、デビューシングルから35作連続で初登場1位を獲得し、ギネス記録を更新しましたね、本当に衰えを知らない人気ぶりですね(゚Д゚;)

この記録がどこまで続くのか・・・、非常に楽しみですね(^^♪

できれば未来永劫破られないような記録を作って欲しいです(*^-^*)



今回、パブロ・ピカソさんの『青の時代』の作品を初めて見ましたが、非常に暗いですね(´・ω・`)

そういう時期に描かれた作品であると分かっていても、自然と見ている方も気持ちが落ち込む、そんな作品ばかりでした(ノД`)・゜・。

なので、あまり万人にオススメできる作品ではないですね、特に気持ちが落ち込んでいる時は絶対にやめた方がいいです(>_<)

気持ちにかなりの余裕があり、なおかつ体調が万全のときに見ることをオススメします(^_^;)

人の気持ちを簡単に圧し折るくらいの力を持った作品ばかりなので・・・。



あわせて読んでほしいクイズ記事三選


・芸術家ピカソが描いた絵画の作品は

・次のうち、「東野 圭吾」作の小説はどれか

・奈良県育ちではない芸能人は?



アンニンのエブリデイクイズについて

 
毎日1回(毎日03:00~翌02:59)参加でき、 クイズは難易度・ジャンル共に幅広くあります。

クイズの結果はその場で分かり、正解すると5pt、間違えても1ptをクイズに答えた後に広告をクリックすると獲得できます。



宣伝

  
▼ここから登録すると300ptもらえます!!




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL