新・ネットで大きく副収入を!

現在の目標は月3万円、最終的には副収入で裕福な暮らしを目指します( `ー´)ノ
TOP > PeXのクイズ > 国会議事堂の中央広間にある「3人の銅像」に該当しない人は?

国会議事堂の中央広間にある「3人の銅像」に該当しない人は?


こんにちは、むっくです。

本日のPeXのポイントクイズはこんな感じでした。


問題


国会議事堂の中央広間にある「3人の銅像」に該当しない人は?

A)伊藤博文
B)尾崎行雄
C)板垣退助
D)大隈重信



答え、感想、豆知識など



3人の銅像とは?


国会議事堂の中央広間の四隅には日本の憲政に貢献した『板垣退助』さん、『大隈重信』さん、『伊藤博文』さんの『3人の銅像』と、像の立っていない「空の台座」が置かれています。

これらの像は大日本帝国憲法発布50年を記念して1938年2月に設置されました。

「空の台座」が存在する理由については諸説あり、「誰の銅像を置くか話がまとまらなかった」という説、「政治は常に未完であることを象徴している」という説、「もっと偉大な政治家になれという戒めの意味で空けてある」という説、「皇居にお尻を向けるので避けている」という説などがあります。

また「空の台座」の上には、議会召集の日に松の大きな盆栽が置かれています。



尾崎行雄とは?


『尾崎行雄』さんは日本の政治家です。

日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数25回、議員勤続年数63年、最高齢議員記録94歳と複数の日本記録を持つことから「憲政の神様」、「議会政治の父」などと呼ばれています。

特に25回の当選は全て連続という大偉業で、これは世界記録にもなっています。

また、世界連邦建設同盟(現、世界連邦運動協会)初代会長を務め、伊勢神宮内宮前・合格神社の祭神にもなっています。


尾崎さんが選挙で唯一の敗北を喫したのは1958年のいわゆる「バカヤロー解散」による総選挙のときで、これを期に政界引退を表明しました。

これに対して衆議院からは史上初となる名誉議員の称号を贈られ、その翌年に老衰で亡くなられました。



答え


以上から、このクイズの答えは「B)尾崎行雄」です。



感想


今回の問題は勘違いで正解できました(^_^;)

『尾崎行雄』というのは私の中では「怪童」と呼ばれた元プロ野球選手の尾崎行雄投手しか思い浮かばなかったので、「1人だけ政治家じゃないじゃん!」と短絡的に答えて正解できました、・・・答えた後に調べていてすごく恥ずかしくなりました(/ω\)

ちなみに尾崎行雄投手の名前は今回の選択肢に出てきた政治家の『尾崎行雄』さんに因んでいるそうです。

みなさんはくれぐれも間違えないように気をつけて下さい、人前で話したらボロクソに言われてしまいますよ(ノД`)・゜・。



雑談


それにしても尾崎さんの当選回数25回、議員勤続年数63年、最高齢議員記録94歳というのは本当に凄いの一言ですね(゚Д゚;)

現在では議員にも定年制が導入されつつありますし、どの記録もおそらく破られることはないでしょうね、・・・本当にとんでもない記録です(^_^;)

ただ、これだけの実績を残した人物でも総理大臣はおろか衆議院議長・副議長、戦後国会での常任委員長にすらなることはなかったというのですから、政治の世界というのは難しいですね(ーー;)

周囲の力や世論、情勢、運などが上手く絡まないと自分の力だけではどうしようもないところがあるのでしょうね・・・。



今の政界には正直なところ何も期待していませんが、次の世代に繋ぐためになんとか踏ん張るくらいはして欲しいですね(>_<)

そして、このだらしない議員を見てきた・見続けている若い世代の中から、これを反面教師として新たなリーダーが誕生してくれることを願っています(*^-^*)

50年後には「空の台座」に銅像を作って乗せるべきと言われるような人物が日本を引っ張っていることを期待しています(^^♪

もしそういった人物が出てこなければ日本は急激に衰退し、借金に呑み込まれて崩壊してしまうかもしれませんね・・・。



あわせて読んでほしいクイズ記事三選

                   
・国会議事堂の赤絨毯の長さは?

・衆議院議員選挙の当選回数が最も多いのは誰か?

・自民党と社会党の二大政党時代の体制を何と言うか?



PeXのポイントクイズについて


毎日2回(5:00~16:59と17:00~4:59)参加でき、 クイズは難易度・ジャンル共に幅広くあります。

クイズの結果はその場で分かり、正解すると1ポイント獲得できます。



宣伝




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL