新・ネットで大きく副収入を!

現在の目標は月3万円、最終的には副収入で裕福な暮らしを目指します( `ー´)ノ
TOP > PeXのクイズ > Q.彫刻家ロダンの作品は。

Q.彫刻家ロダンの作品は。

こんにちは、むっくです。

本日のPeXのクイズはこんな感じでした。


問題


Q.彫刻家ロダンの作品は。

A)パリの市民
B)最後の審判
C)天国と地獄
D)地獄の門



答え、感想、豆知識など



彫刻家ロダンとは?




『フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダン』はフランスの19世紀を代表する彫刻家とされ、「近代彫刻の父」と呼ばれています。

代表作に『地獄の門』、その一部を抜き出した「考える人」や、「青銅時代」、「カレーの市民」、「接吻」、「大聖堂」などがあります。



地獄の門とは?




『地獄の門』はイタリアの詩人、ダンテ・アリギエーリの叙事詩「神曲」の地獄篇第3歌に登場する地獄への入口の門をテーマにし、ロダンが製作した作品です。

国立美術館を建てる際のモニュメントを作って欲しいとの依頼で制作が始まったこの作品ですが、その後美術館の建設計画は白紙に戻ってしまい、製作中止命令が出されてしまいました。

しかし、ロダンは金を払ってこの作品を買い取り、生涯この作品を作り続けました。

ロダンが亡くなり、残念ながらこの作品は未完のままとなってしまいましたが、今なお傑作として後世に語り継がれています。


また、この作品の一部である「考える人」は実は何かを考えているわけではなく、地獄の悲惨な光景をじっと見つめているらしいです。

地獄の門の上から、地獄の火の海の中で苦しむ人々の姿を見つめているというのが本来の意味らしいです。



最後の審判とは?




『最後の審判』はミケランジェロ・ディ・ロドヴィーコ・ブオナローティ・シモーニが描いたフレスコ画です。

教皇クレメンス7世の命で祭壇画の制作が始められ、1535年から約5年の歳月をかけて1541年に完成した作品とされています。

総勢400名以上の人物が描かれており、中央では再臨したイエス・キリストが死者に裁きを下しており、左側には天国へと昇天していく人々が、右側には地獄へと堕ちていく人々が描写されています。

なお、地獄を描写するにあたってはダンテの「神曲」の地獄篇のイメージを借りたと言われています。



天国と地獄とは?




『天国と地獄』はジャック・オッフェンバックが作曲したオペレッタ「地獄のオルフェ」の別題として有名です。

この作品はオッフェンバックの代表作であり、世界各国で大ヒットを記録しました。

1914年の日本の帝劇初演時の邦題にも『天国と地獄』という名が使われ、特に序曲第3部がそう呼ばれています。



パリの市民とは?


『パリの市民』は上手く探せませんでしたが、ありふれた題名なので何かしら作品として残っていると思います。



答え


以上から、このクイズの答えは「D)地獄の門」です。



感想


この問題は芸術に疎い私でも答えられる簡単な問題でした(^^♪

これくらいは常識として知らないとちょっと恥ずかしいですよね(^_^;)



雑談


こういう作品を作る人は本当に精神的に凄い強い人だなぁと思いますね(゚Д゚;)

人が苦しむさまを想像するだけで私は気持ち悪くなってしまいます・・・、それを作品にするなんてまず無理ですね(^_^;)

私なんかが手を出しら途中で鬱になって投げだしてしまいそうです・・・(ーー;)

こういう作品の作者には、なぜこういう作品を作ろうと思ったのか、作っている最中はどんな気持ちなのか、この2点について詳しく聞いてみたいですね(>_<)

多分、きっと何か強い使命感があるんでしょうね、でなければとても心が持たないと思います(ノД`)・゜・。



あわせて読んでほしいクイズ記事三選

                   
・彫刻家のロダンの作品ではないものはどれ?

・モナ・リザの「モナ」の意味は?

・有名な壁画「最後の晩餐」はなんという技法で描かれている?



PeXのポイントクイズについて


毎日2回(5:00~16:59と17:00~4:59)参加でき、 クイズは難易度・ジャンル共に幅広くあります。

クイズの結果はその場で分かり、正解すると1ポイント獲得できます。



宣伝




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ポイントタウン
現在、最も勢いのあるポイントサイトです! ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
詳細はこちら
広告
広告