新・ネットで大きく副収入を!

現在の目標は月3万円、最終的には副収入で裕福な暮らしを目指します( `ー´)ノ
TOP > モッピークイズ > 三平方の定理を考えた人は?

三平方の定理を考えた人は?


こんにちは、むっくです。

本日のモッピークイズはこんな感じでした。


問題


三平方の定理を考えた人は?

①パスカル
②ピタゴラス
③ニュートン
④アルキメデス



答え、感想、豆知識など



三平方の定理とは?




『三平方の定理(ピタゴラスの定理)』は平面幾何学において直角三角形の斜辺の長さを c、他の2辺の長さを a, b とすると、

a2+ b2 = c2 (2は2乗)

が成り立つという定理のことです。


『三平方の定理』という名称は、敵性語が禁じられていた第二次世界大戦中に文部省の図書監修官であった塩野直道さんの依頼を受けて、数学者末綱恕一さんが命名したものだそうです。



考えたのは誰?


この定理は古代ギリシアの数学者、哲学者『ピタゴラス』によって提唱されたと言われています。

しかし、「直角二等辺三角形のタイルが敷き詰められた床を見ていて、この定理を思いついた」など幾つかの逸話が知られているものの、この定理を本当にピタゴラスが発見したかどうかは定かではないそうです。

そもそもピタゴラス本人が書いた著作物は現在において一点も残されておらず、ピタゴラス個人の言行や人物像は、弟子や後世の研究者の書いた伝記や註釈書といった、多くの間接的な情報で出来上がっているらしいです。



他の選択肢の人物について


『パスカル』は「人間は考える葦である」などの名文句、「パスカルの三角形」や「パスカルの原理」、「パスカルの定理」のなどの発見。

『ニュートン』は「ニュートン力学」、「万有引力の法則」などの発見。

『アルキメデス』は「アルキメデスの原理」、「アルキメディアン・スクリュー」、「アルキメデスの鉤爪」などの発見で有名です。



答え


以上から、このクイズの答えは「②ピタゴラス」でした。



感想


この問題は学生時代に習ったのを覚えていたので余裕でした(*´▽`*)

でも、ピタゴラスの存在がこれだけ曖昧だというのは初めて知りましたね(^_^;)

これだけ後世にその功績を称えられている人物なので、もっとしっかりした記録が残っていると思ったのですが、そうではないんですね(;´・ω・)

まぁ、これからもっと信憑性の高い資料が発見されて、偉大な人物であったことが改めて証明されることを願いたいですね(>_<)



雑談


数学とか物理の公式とか見ていていつも思うんですが、どこからその発想がでてくるんでしょうね(>_<)

いきなり計算の途中で出てくる「~数」(~の部分は大体発見した人の名前)なんて、意味が分かりません(*´з`)

まぁ、きっとそういうことが分からないから私は数学と物理が苦手だったんだと思いますが・・・(ーー;)

もし私に子供が生まれたら、そういうところをしっかり考えられる人間に育ててあげたいものですね(>_<)

数学が得意というのはそれだけで結構なアドバンテージがありますし・・・(^_^;)



あわせて読んでほしいクイズ記事三選

                   
・コペンハーゲン解釈といわれている量子力学の概念についてアインシュタインと論争を行ったといわれる人物の名前を何というか。

・双子のパラドックスなどで有名なアインシュタインが1905年に説明した理論を何という。

・化学元素の周期表を創ったロシア人化学者は?



モッピークイズについて


毎日1回(2:00~1:59)参加でき、 クイズは4択で難易度・ジャンル共に幅広くあります。

クイズに正解して広告をクリックすると1Pもらえます。



宣伝


▼モッピーは自力で手軽に稼げるサイトです(^^♪
モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの紹介・稼ぎ方についてはこちら、2015年の実績はこちらにあります。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ポイントタウン
現在、最も勢いのあるポイントサイトです! ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
詳細はこちら
広告
広告