新・ネットで大きく副収入を!

現在の目標は月3万円、最終的には副収入で裕福な暮らしを目指します( `ー´)ノ
TOP > PeXのクイズ > 世界で初めて作られた合成繊維は何?

世界で初めて作られた合成繊維は何?


こんにちは、むっくです。

本日のPeXのポイントクイズはこんな感じでした。


問題


世界で初めて作られた合成繊維は何?

A)ナイロン
B)ポリエステル
C)アセテート
D)プロミックス



答え、感想、豆知識など



世界で初めて作られた合成繊維とは?




『ナイロン』はポリアミド合成樹脂の種類のことです。

「ナイロン6」、「ナイロン6,6」、「ナイロン4,6」など様々な種類があり、特に「ナイロン6,6」は『世界初の合成繊維』とされています。

合成に成功したのは1935年のことで、アメリカのデュポン社のウォーレス・カロザースさんによって生み出されました。

彼がもう少し長く生きていれば、化学の発展はもう少し早く、そしてさらに豊かになっていたかもしれません。

それだけに彼の最期はあまりにも哀しすぎます。


また、1941年に日本で東洋レーヨン(現・東レ)の星野孝平さんらにより「ナイロン6」が合成されています。

一般的には「ナイロン6,6」は絹、「ナイロン6」は木綿に近い肌触りとされています。



ポリエステルとは?




『ポリエステル』とは多価カルボン酸とポリアルコールとの重縮合体のことです。

最も有名なのはテレフタル酸とエチレングリコールから製造されるポリエチレンテレフタラート (PET) だと思います。

1941年にイギリスのキャリコプリンターズ社から「テリレン」として発表され、1953年にアメリカのデュポン社が特許を取得して工業化されました。

ペットボトルの容器の原材料の他、フィルム・磁気テープの基材、衣料用の繊維などに使われています。



アセテートとは?




『アセテート』とはアセチルセルロースから作られる繊維質の素材のことです。

1921年に開発に成功し、ブリティッシュ・セラニーズ社が1924年に工業生産を開始したと言われています。

衣料用の繊維、タバコのフィルターなどに使われています。



プロミックスとは?




『プロミックス』とは動物性たんぱく質(ミルクガゼイン)とアクリルニトリルを結合させた半合成繊維素材のことです。

1970年代に日本の東洋紡が開発に成功し、「シノン」という商標をつけました。

この繊維100gを作るために必要なミルクガゼインは牛乳1.4リットル分に相当したそうです。

絹に近い肌触りのため、高品質な衣料用の繊維として主に使われていました。



答え


以上から、このクイズの答えは「A)ナイロン」です。



感想


今回の問題はなんとか正解できました(^^♪

昔、化学の授業でそんなことを言っていたような気がするので・・・(^_^;)

結構熱心に話してくれていたと思うので、もう少し真剣に聞いておけばよかったです(>_<)



雑談


繊維の話だと、人口のクモの糸を使った繊維の開発が日本で急速に進んでいるとよく聞きますね(^^♪

クモの糸は鋼鉄より4倍ほど強く、ナイロンより柔軟という夢のような素材だそうです(゚Д゚;)

当然、早くから業界で注目はされていましたが、クモは縄張り争いや共食いが激しいため中々実用化できなかったそうです(>_<)

しかし、スパイバー株式会社は単純な微生物にもクモ糸のたんぱく質が作れるよう合成した遺伝子をバクテリアに組み込んで培養し、たんぱく質を生成することで量産化に成功したそうです!(^^)!

もし商品化されれば、私たちの生活は大きく変わることになるでしょうね(^^♪

石油に頼らなくてもよい新しい時代がもう間近に迫ってきているのかもしれません(*´ω`*)

日本は資源に恵まれていない国ですので、一刻でも早い商品化を期待して待っています(*^-^*)



あわせて読んでほしいクイズ記事三選

                   
・化学元素の周期表を創ったロシア人化学者は?

・ドライアイスはなにが固まってできたものですか?

・発泡スチロールは何から成る?



PeXのポイントクイズについて


毎日2回(5:00~16:59と17:00~4:59)参加でき、 クイズは難易度・ジャンル共に幅広くあります。

クイズの結果はその場で分かり、正解すると1ポイント獲得できます。



宣伝




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL