新・ネットで大きく副収入を!

現在の目標は月3万円、最終的には副収入で裕福な暮らしを目指します( `ー´)ノ
TOP > PeXのクイズ > 診断や主治医に納得がいかず、何件も病院を回る事を何と言うでしょう?

診断や主治医に納得がいかず、何件も病院を回る事を何と言うでしょう?


こんにちは、むっくです。

本日のPeXのクイズはこんな感じでした。


問題


診断や主治医に納得がいかず、何件も病院を回る事を何と言うでしょう?

A)ドクターショッピング
B)セカンドオピニオン
C)サブドクター
D)クリニックチェンジ



答え、感想、豆知識など



ドクターショッピングとは?


『ドクターショッピング』は精神的・身体的な問題に対して、医療機関を次々とあるいは同時に受診することを言います。

別名で「青い鳥症候群」とも呼ばれます。


『ドクターショッピング』を行う主な理由としては以下のようなものがあります。

・患者に疾患の性質を理解する能力がなく、インフォームド・コンセントや検査・治療が十分に行われないまま、医療機関を変える。

・診断結果が芳しくなく、患者自身にとって都合の良い診断を下す医師が現れるまで新たな医療機関を受診する。

・患者が薬物依存状態にあり、限度上限の薬物を入手すると、違う医療機関を受診する。

・診察・検査では診断を下すことが難しい疾患のため、さまざまな診療科を受診する。

・患者が十分な医療を受け、最良の成果を得たにもかかわらず、より良い成果を求め、次々と医療機関を変える。



セカンド・オピニオンとは?


『セカンド・オピニオン』はよりよい決断をするために、当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める「意見」、または「意見を求める行為」のことで、日本においては主に医療の分野で用いられる用語です。

セカンド・オピニオン外来(自費診療)を受診する場合は「診療」ではなく「相談」になるため、健康保険給付の対象とはならず、全額自己負担となる場合があること、生活保護受給者に対しては医師が必要と認めない場合は「自費診療」扱いとなるため、生活保護の医療扶助の対象外となっています。

そのため、本当に必要な患者がセカンド・オピニオンを求めて別の病院の医師に相談することが不可能となっているなどの問題が生じています。


サブドクターとは?


『サブドクター』は用語としては使われていないようですが、使うとしたら主治医以外の医者を指すと思います。



クリニックチェンジとは?


『クリニックチェンジ』は用語としては使われていないようですが、使うとしたら病院を変えることを指すと思います。



答え


以上から、このクイズの答えは「A)ドクターショッピング」です。



感想


今回の問題は非常に簡単でしたね(^^♪

深刻な問題として取り上げられることも最近は多くなりましたからね(>_<)



雑談


私は病院が大嫌いで基本的には行きたくはないんですが、例に挙げた理由の中にある「診断を下すことが難しい疾患のため、さまざまな診療科を受診する」というのは、経験があるので私でも理解できますね。

いくらいろんな病院に行っても専門でない病気の場合、町医者では全く対応できないことを肌で実感しました・・・。

そしてどうせ風邪だろうという短絡的で無責任な対応には腹が立ちましたね、あの医者のところには二度と行きたくないですね(-_-メ)


これは医者の質の問題でもあるので、医学の勉強ももちろんですが、医者としての人間性も磨く場を設けないとどうにもならないと思います(ーー;)

医者の数が足りないということで国はどんどん無理やりにでも医者を育てようとしていますので、これまでのような傲慢な医者は減るでしょうが、その代わりに単純に医者としての能力の低い人が増えてきてしまうのではないかと心配です(ノД`)・゜・。

まぁ、そういう医者はこれまでと違って淘汰されやすくなっているのが唯一の救いですが・・・。

いずれにせよ、これから医者を目指す方にはまず1人の人間としてしっかり成長していって欲しいですね(>_<)



この問題以上に厄介なのが精神的なものが原因の場合ですね。

これはもうおそらく自分ではどうしようもない状態になっていると思うので、周りの人が助けてあげるしか方法はないですね。

特に薬物依存状態の場合は危険なので、早く薬の使用状況を一括管理できるシステムを開発して限度以上の薬を入手できないようにして欲しいですね。

こういう管理システムをしっかり整備しないとこういった症状の人を見つけるのも難しいです。

本人や家族にはもちろん、巡り巡って税金を納めている国民全てのためにもなりますからとにかく急いで欲しいです。



医療を取り巻く問題や課題は山のようにあり、次から次へと新たに出てくるので全てを解決のは難しいと思います。

それでも、命に直結するようなものが多いので、1つ1つ地道に解決していって欲しいですね。



あわせて読んでほしいクイズ記事三選

                   
・慣用句で、これ以上やっても無駄とあきらめることを「何を投げる」という?

・山之内製薬と藤沢薬品工業の合併によってできた会社は?

・中外製薬の親会社は?



PeXのポイントクイズについて


毎日2回(5:00~16:59と17:00~4:59)参加でき、 クイズは難易度・ジャンル共に幅広くあります。

クイズの結果はその場で分かり、正解すると1ポイント獲得できます。



宣伝




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL