新・ネットで大きく副収入を!

現在の目標は月3万円、最終的には副収入で裕福な暮らしを目指します( `ー´)ノ
TOP > ほぼ毎日クイズ > プロ野球で今シーズン限りで引退をした小笠原道大選手。 高校時代の通算本塁打は何本だったでしょう?

プロ野球で今シーズン限りで引退をした小笠原道大選手。 高校時代の通算本塁打は何本だったでしょう?


こんにちは、むっくです。

本日のほぼ毎日クイズはこんな感じでした。


問題


プロ野球で今シーズン限りで引退をした小笠原道大選手。 高校時代の通算本塁打は何本だったでしょう?

①0本
②1本
③2本
④3本



答え、感想、豆知識など



小笠原道大とは?




『小笠原道大』さんは暁星国際高等学校からNTT関東に入社し、1996年のドラフト3位で日本ハムファイターズに入団しました。

プロでは日ハム→巨人→中日で通算19年間プレーし、通算成績は打率.310、2120安打、378本塁打、1169打点という輝かしい実績を残しました。

タイトルも両リーグでのMVPを筆頭に、首位打者2回、本塁打王1回、打点王1回、最多安打2回、最高出塁率1回、ベストナイン7回、ゴールデングラブ賞6回など獲れるタイトルはほとんど獲得しています。

2016年からは中日の2軍監督に就任することが決まりました。



高校時代の通算本塁打は何本?

プロ入り後の強打のイメージからは全く想像できませんが、小笠原選手の高校時代の通算本塁打の数はなんと『0本』です!

当時はお世辞にも秀でた選手とは言えず、全く目立たない存在とは言えなかったそうです。

しかし、いつでも努力を怠らずにひたむきに練習に取り組んだおかげか、高校も社会人も驚異的な運で恵まれた進路先を引き寄せ、そこで地道に成長して日本を代表する選手へと上り詰めていきました。



高校通算本塁打の少ないプロ野球選手


高校通算本塁打の少ないプロ野球選手を調べてみました!

・掛布雅之(0本)
・門田博光(0本)
・中島卓也(0本)
・柳田悠岐(11本)
・西川遥輝(13本)
・多村仁志(14本)
・田口壮(18本)
・鈴木一朗(19本)
・金本知憲(20本)


他にも沢山いるのでしょうが、少ない記録を扱ったり、自分からアピールする人は少ないのでこれが限界でした(>_<)

知っている方がいればぜひ教えて下さい<(_ _)>


この中で特に驚いたのは掛布さんと門田さんですね(゚Д゚;)

まさか0本とは・・・、時代が違うとはいえ現役時代の姿からは想像もつきませんでしたね(^▽^;)

高校通算本塁打は練習試合の数や球場の広さ、相手のレベルでかなり変わるものなので全く参考にはならないですが、0本でも努力次第でプロでもホームランバッターとして活躍できるという良い見本ですね(*^-^*)



答え


以上から、このクイズの答えは「①0本」です。



感想


今回のクイズは有名な話でしたので余裕でした(^^♪

野球ファンならば正解できたのではないでしょうか(*^-^*)



雑談


小笠原選手もとうとう引退してしまいましたね(T_T)

今年は私の子供の頃からのスター選手が次々に引退する寂しいシーズンとなりました、これが世代交代というやつですかね(ーー;)


小笠原選手を初めて知ったのは1999年に「バントをしない2番打者」としてブレイクした時でしたがそのインパクトは凄かったですね(>_<)

バントしない2番打者というだけで不思議なのに、あんなにぶんぶん振り回して長打を量産するんですから、私の中の2番打者に対する固定概念は完全に吹っ飛ばされましたね(≧▽≦)


今回の問題に出てきた高校時代の通算本塁打が0本だったというのはその後に知りましたが、一番驚いたのはその運の強さですね。

高校はどこの高校からも声がかからなかったのにリトルの後輩の選手を獲るための条件として入学していますし、高校通算本塁打0にも関わらず社会人のNTT関東に高卒で入社しているなど、もの凄い運の強さを感じましたね(もちろん本人の努力があってこそですが)。


これからは指導者として第2の小笠原道大、いやそれ以上の選手を育てて欲しいですね( `ー´)ノ

特に中日は堂上選手や高橋選手、平田選手など見ていて歯がゆくなるくらい才能を生かし切れていない選手ばかりですからね(´Д`)

その育成手腕に大いに期待しています!



あわせて読んでほしいクイズ記事三選


・プロ野球、次の内、千葉県に2軍の本拠地のある球団はどれ?
                   
・今年のプロ野球日本シリーズで、史上初めて1試合で 3打席連続ホームランを打った選手は誰でしょう?

・2013年4月6日にプロ野球で2000本安打を達成したのはだれ?



ほぼ毎日クイズについて


毎日1回参加でき、 クイズは難易度・ジャンル共に幅広くあります。

クイズの結果はその場で分かり、正解すると抽選で10000名に1ポイントが当たります。



宣伝


▼登録はこちらから
ライフメディアへ登録

ライフメディアの紹介・稼ぎ方についてはこちら、2015年の実績はこちらにあります。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL