新・ネットで大きく副収入を!

現在の目標は月3万円、最終的には副収入で裕福な暮らしを目指します( `ー´)ノ
TOP > PeXのクイズ > 飛行機の長時間フライトで注意すべき症状は

飛行機の長時間フライトで注意すべき症状は


こんにちは、むっくです。

本日のPeXのポイントクイズはこんな感じでした。


問題

 
飛行機の長時間フライトで注意すべき症状は

A)エコロジー症候群
B)エアフライト症候群
C)エコノミー症候群
D)エアポケット症候群



答え、感想、豆知識など

 

エコノミー症候群とは?



 
『エコノミークラス症候群(ロングフライト血栓症)』は正式名称を「静脈血栓塞栓症」と言います。

飛行機内などで長時間同じ姿勢を取り続けることで発症することがよく知られており、下肢や上腕その他の静脈に血栓が生じ、静脈での狭窄・閉塞・炎症が生ずる疾患です。

症状としては呼吸困難や胸痛、皮膚の炎症、動悸、冷汗、チアノーゼ、静脈怒脹、血圧低下、意識消失などがあり、最悪の場合は心肺停止となり、突然死することもあります。

予防法は長時間にわたって同じ姿勢を取らない、時々下肢を動かす、適量の水分を取るなどの方法があります。



他の選択肢について

 
『エコロジー症候群』、『エアフライト症候群』、『エアポケット症候群』に関しては特にそういう言葉はないようです。

これからできるかもしれませんが・・・(^_^;)



答え

 
以上から、このクイズの答えは「C)エコノミー症候群」です。



感想

 
今回の問題は凄く簡単でしたね(^^♪
  
もうこの言葉を知らないという人はいないんじゃないでしょうかね(^_^;)



雑談

 
私が一番長く飛行機に乗ったのは学生の時で、カナダに行く際に10数時間乗りましたね、飛行機は苦手なので本当にきつかったです(ノД`)・゜・。

まぁ、そのときはほぼ学校で貸し切りのような状態だったで、座席の移動はもちろん、普通に立ち歩いたりしていたので(危険なので絶対にやめましょう)、エコノミークラス症候群になるような人はいませんでしたが(^^;)

もうこんな特殊な環境で乗ることはないでしょうから、今度長時間のフライトをするときは何か周りの人に迷惑をかけずにエコノミークラス症候群を予防できる方法を編み出しておかないといけないですね(^_^;)

海外旅行や出張の予定はしばらくないのでその方法を使う時があるのかは分かりませんが(;´・ω・)


みなさんも長時間のフライトの際はエコノミークラス症候群にはくれぐれもお気をつけください(>_<)

しっかり対策を練ってならないように細心の注意を払って下さいね、でないとせっかくの楽しい旅行も台無しになってしまいますから(ーー;)



あわせて読んでほしいクイズ記事三選

                   
・羽田空港の滑走路は、何本あるか?

・1903年、世界初の飛行機による有人動力飛行に成功した ライト兄弟の職業はなんでしょう??

・次のうち、日本から定期旅客船で行けないのは?



PeXのポイントクイズについて


毎日2回(5:00~16:59と17:00~4:59)参加でき、 クイズは難易度・ジャンル共に幅広くあります。

クイズの結果はその場で分かり、正解すると1ポイント獲得できます。



宣伝




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL