新・ネットで大きく副収入を!

現在の目標は月3万円、最終的には副収入で裕福な暮らしを目指します( `ー´)ノ
TOP > モッピークイズ > 20世紀前半フランスで活躍した作曲家の集団「フランス6人組」のメンバーではない人物は次のうち誰?

20世紀前半フランスで活躍した作曲家の集団「フランス6人組」のメンバーではない人物は次のうち誰?


こんにちは、むっくです。

本日のモッピークイズはこんな感じでした。


問題


20世紀前半フランスで活躍した作曲家の集団「フランス6人組」のメンバーではない人物は次のうち誰?

①アルテュール・オネゲル
②ルイ・デュレ
③ダリウス・ミヨー
④アレクサンドル・ボロディン



答え、感想、豆知識など



フランス6人組とは?




『フランス6人組』は20世紀前半フランスで活躍した作曲家の集団です。

今日の音楽学者や批評家は彼らの音楽を「家族的作風」という1つの傾向にまとめています。

また、常に新しい音楽を提案していたグループとしても知られ、全音階(ドレミファソラシド)に最後の可能性を求めた音楽家集団でもあったと言われています。

ただし、全員で活動したのはたったの1回のみでした。

メンバーは以下の6人です。

・ルイ・デュレ
・アルテュール・オネゲル
・ジェルメーヌ・タイユフェール
・ジョルジュ・オーリック
・フランシス・プーランク
・ダリウス・ミヨー



アルテュール・オネゲルとは?


『アルテュール・オネゲル』さんは近代フランスの作曲家です。

聖書や歴史上の人物を主題とした劇場作品や声楽入り作品で傑作を数多く残したほか、全5曲の交響曲、室内楽から映画音楽まで、幅広く作品を残しています。

代表的な曲としては「交響的詩篇『ダヴィデ王』」、「劇的オラトリオ『火刑台上のジャンヌ・ダルク』」、「クリスマス・カンタータ」、「交響曲第3番『典礼風』」、「交響曲第4番『バーゼルの喜び』」、「交響曲第5番『三つのレ』」などがあります。



ルイ・デュレとは?


『ルイ・デュレ』さんはフランス・パリ生まれの作曲家です。

幼少期には頑なに音楽の勉強を拒み、20歳で商学の学位を取得し、その後ドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」を聴いて感銘を受けて音楽の道を志した異色の経歴の持ち主です。

代表的な曲としては「自由の闘士たちの歌」、「ユーディット」、「イルドフランス」、「消せぬ思い」、「バルトークを偲んで」、「ヴァルフェールの夕べ 」などがあります。



ダリウス・ミヨーとは?


『ダリウス・ミヨー』さんは近代フランスの作曲家です。

生まれつき小児麻痺を患っていたため、車椅子を使う機会が多かったようですが、創作意欲は旺盛で弦楽四重奏曲18曲、交響曲13曲、室内交響曲6曲、ピアノ協奏曲5曲、ヴァイオリン協奏曲3曲、その他膨大な作品を世に送り出しました。

吹奏楽の分野では「フランス組曲」が有名で、学生吹奏楽団での演奏を想定して書かれているため、親しみやすくなっています。

代表的な曲としては「フランス組曲」、「屋根の上の牡牛」、「交響曲第3番『テ・デウム』」、「組曲『ルネ王の暖炉』」、「プロヴァンス組曲」、「スカラムーシュ 」などがあります。



アレクサンドル・ボロディンとは?


『アレクサンドル・ボロディン』さんはロシアの作曲家で、「ロシア5人組」の1人です。

作曲家として秀でていたにもかかわらず、いつも化学者(アルデヒドの研究)として収入を得ており、「日曜作曲家」を自称せざるを得ないなど、少し変わった人物のようです。

代表的な曲としては「交響詩 中央アジアの草原にて」、「慈悲深い神」、「イーゴリ公」、「弦楽四重奏曲第1番 イ長調」、「弦楽四重奏曲第2番 ニ長調」、「キリルに栄光あれ、メソディウスに栄あれ」などがあります。



答え


以上から、このクイズの答えは「④アレクサンドル・ボロディン」でした。



感想


今回の問題は誰1人として分かりませんでした(>_<)

ただ、「フランス6人組」とか「ロシア5人組」とか呼ばれるのは格好いいなぁと思いましたね(*´▽`*)



雑談


ルイ・デュレさんは20歳過ぎてから音楽の道を志しましたし、アレクサンドル・ボロディンさんは化学の研究と並行して作曲活動していたようですし、私も何か「これだけは極めたい!」というものに出会いたいですね(>_<)

今現在の仕事は毎日変わり映えもせず同じことの繰り返しで少々退屈です(まぁ、それはそれで幸せですが・・・)、何か趣味でもいいから全てを忘れて打ちこめるものを見つけたいですね(*´з`)

そういうものに出会えることを「幸せ」って言うんでしょうね、出会えた人が羨ましい(´・ω・`)


人生においてこのような運命的なものとの出会いがいつになるかは誰にもわからないでしょう・・・。

1分後に出会えるかもしれないし、死ぬまで出会えないかもしれません。

でも、生きてさえいれば大なり小なりそういうチャンスは必ず来ると信じたいです(>_<)

そのチャンスを逃さないようにするためにも、健康管理など日頃からの準備を怠らずにやって行きたいですね(^^♪



あわせて読んでほしいクイズ記事三選

                   
・ピアノと作曲の才能に恵まれたピアノの詩人と呼ばれた作曲家は誰か

・「荒城の月」、「箱根八里」などが代表作である日本人作曲家とは、誰でしょう?

・次のうち、「ピアノの魔術師」と呼ばれている作曲家は誰でしょう?



モッピークイズについて


毎日1回(2:00~1:59)参加でき、 クイズは4択で難易度・ジャンル共に幅広くあります。

クイズに正解して広告をクリックすると1Pもらえます。



宣伝


▼モッピーは自力で手軽に稼げるサイトです(^^♪
モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの紹介・稼ぎ方についてはこちら、2015年の実績はこちらにあります。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL